シミを治す場合、治療費ってどれくらい?

顔のシミができてしまったら、是が非でも治したい、と思いませんか?
もし、顔のシミができてしまって病院で治療するとしたら、その方法とはどんなものがあるのか、そして、治療費はいくらくらいなのか。
保険適用かどうか、ダウンタイムの有無などについても調べましたのでご覧ください。

-何科で治療できる?
皮膚科でできます。

-治療について
では、具体的にどのような治療方法があり、それぞれ、どういったもので治療費はどれくらいなのかをみていきましょう。
※掲載している目安の費用は初診料、診察料を省いております。

▼液体窒素療法
・保険適用
・マイナス196度の液体窒素を患部へ当て、皮膚を壊死させることで顔のシミを除去する方法です。
かなり痛いです。突き刺さる、焼けつく、そのような痛みがあるそうです。
痛みを耐えられるかどうかについては個人差がありますが、痛みに弱い方にはおすすめできない方法です。
ちなみに、痛みは数時間から数日で引きます
・ダウンタイムがあります。幹部が赤くなったりします。その後、瘡蓋になり、やがて、瘡蓋が取れ、新しい皮膚が見えます。
瘡蓋が取れた後の皮膚は弱いため、紫外線を防がないとなりません。ガーゼなどでカバーすることもあるそうです。この間のいわゆるダウンタイムは数日から1週間です。これを繰り返して行うことで治していきます。
・先ほども書いた通り、繰り返し施術する必要があり、一度で治らないです。
効果が10日程度続くと言われているので、1~2週間に1回くらいのペースで通院し、施術してもらい、その都度、ダウンタイムが発生します。
・完治するまでの期間は症状にもよるので、明確ではないですが、1ヵ月から半年程度です。
1年以上続けるケースもあるようです。
◇治療費:施術のみで考えると、1回につき1,000円程度が相場とされています。

▼炭酸ガスレーザー
レーザーを照射して、顔のシミを消す方法です。皮膚の深部にまでレーザーが届くため、根本から消せる可能性が高いです。
※病院によっては扱っていないところもありますので事前に確認してくださいね。
・保険適用外
・麻酔を施してもらえることがほとんどなので、痛みはほぼないです。
また、麻酔も部分的なので、シールタイプやクリームタイプのものが一般的であり、麻酔を施す際の痛みもないです。
・ダウンタイムがあります。赤くなる上、しばらく、テーピングや薬などを塗布する必要があります。
個人差がありますが、1ヵ月~3ヵ月くらいが目安です。
・一度の施術で治る可能性が高いです。
◇治療費:ワンショットの目安は2,000円から8,000円くらいです。

▼薬剤での治療
トレイチノンとハイドロキノンを用いた療法があります。
刺激の強い薬品ですので、敏感肌の方には向いていないです。
敏感肌だけどはじめたい、という方は、病院でしっかり相談されてくださいね。
・保険適用外
・一か所へ、長期に渡り使用することができない性質があるため、それほど長く通う必要がないのがメリットでしょうか。
・毎日、自分で塗布する必要がありますが、綿棒などでピンポイントにシミへ塗らなくてはなりません。
また、紫外線を浴びると、むしろ、シミが濃くなる可能性があります。
使用しているときは、紫外線対策も欠かせません。
・4~12週間程度の使用が目安
◇治療費:濃度や量にもよりますが、目安としては、1,000円程度です。割と安価で受けられる治療ですね。

ざっとあげただけでも結構ありますね。
もし、病院で治療する場合は、症状やライフスタイルで、自分に合ったものを選べるということですね。
もし、顔のシミができてしまっても、ちょっと安心ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ