顔のシミは種類が豊富?どんなものがあるのか

年齢を感じてしまう顔のシミ。発生してほしくないですよね。
防ぐためにも、顔のシミについて知りましょう。

しかし、一重にシミと言っても、種類がいくつもあることをご存知でしたか?
というわけで、顔のシミについて原因や症状について、種類ごとに詳しくリサーチしました。
さっそくみていきましょう。

-老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
最もポピュラーな種類の顔のシミです。
薄い色のものから濃い色のものまであります。
発生してから放置しておくことで、色が濃くなったり、範囲が広がったりするのが特徴です。
怖いですね……。放置はいけません。

一番の原因は紫外線です。紫外線を浴びすぎたことにより、メラニン色素が過剰生成される、あるいは、紫外線によるダメージでターンオーバーのサイクルや機能が乱れて、メラニンがきちんと排出されないことでシミになります。
蓄積されたメラニンがシミになってあらわれるのです。
防ぐために、日焼け止めなどのUVケアを徹底することをおすすめいたします。

-肝斑(かんぱん)
基本的には30代から40代の方に発症することが多いです。
老人性色素斑にそっくりで、薄いものから濃いものまでありますが、老人性色素斑との見分け方、肝斑の特徴は左右対称にできることです。
例えば、右頬の中央にできると、左頬の中央にもできている、といった感じです。
もし、左右対称にシミがある場合は、肝斑であることが疑われます。

生理不順、妊娠などをきっかけに若い方にもあらわれることがあります。
また、ピルなどの避妊薬の服用を開始したことで発症することもあります。

主な原因は、女性ホルモンの乱れです。
月経の関係もありますけれど、ストレスもホルモンバランスを乱す原因になります。そして、男性も女性ホルモンを持っているため、男性にも肝斑ができる可能性は大いにあります。

ストレスはできるだけ、こまめに発散して、規則正しい生活とバランスの良い食事を心がけて、ホルモンバランスを崩さないようにしたいですね。

-雀卵斑(じゃくらんはん)
若いうちにあらわれる症状で、いわゆる「ソバカス」です。
発症時期は5~6歳であることが多いとされています。

子供のころから米粒大~小豆大の小さな点のようなものが散らばっている場合は、ソバカスかもしれません。
色は茶色で薄めのものが多く、鼻、頬、口の周り、目の周りなどお顔のどこにでもあらわれる可能性があります。
遺伝するとも言われていますので、生まれ持った要素である可能性が高いです。
ですので、もし、治療をしても、再発するリスクが高いです。

また、その要素を持っていたとしても、発症しないこともありますので、日焼けや乾燥など、肌にダメージを与えることを避けて、発生を可能な限り防ぎたいですね。

-炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
こちらは、後発的にあらわれる種類のシミです。
ニキビをはじめとする吹き出物や怪我などで肌を傷つけることが原因です。
特徴としては、放置しておいてもいずれ消えるということです。
傷によって炎症を起こして、周囲の皮膚が持つ色素が一時的な異常状態を起こして濃くなっているのです。
なので、傷が癒えるとともに、自然になくなっていくのですね。

しかし、数ヵ月から数年かかることもありますので、気になる方は、ピーリングやシミケもできるスキンケアアイテムのご使用をおすすめいたします。
緩和が早まりますよ。

-まとめ
シミにも色々な種類がありますね。どのタイプなのかによって原因も変わってくるのですね。
どのタイプも発症しないように、顔のシミ対策は常々しておきたいですね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ