30代でできる顔のシミ、特徴と対策方法

30代になってから、突然、顔のシミシミができはじめることがあるって本当?
答えは、残念ながら「本当」です。

まだ若いのに、なぜ? 老化?
30代でできる顔のシミについて詳しく調べましたのでみていきましょう。

-30歳を超えてできるシミの特徴
シミの原因と言えば、紫外線が一番大きな原因ですよね。
そのほかなら、ニキビなど肌荒れによる炎症が元になって色素沈着が起きたり、摩擦によるダメージが蓄積されて、新陳代謝が落ちてしまうこと、などですね。

では、30歳を超えた辺りからあらわれるシミは何が原因なのでしょうか?
最も大きな原因は、体内で生成される成分の減少にありました。

肌を再生するためには、新陳代謝が必要ですよね。
いわゆるターンオーバーです。
もし、正しく行われないと不要な角質やメラニン色素が蓄積されていき、やがて、シミとなってあらわれます。
30代でできるシミのほとんどは、この新陳代謝の衰えによるものなのです。

二十歳を過ぎると、徐々に肌が老化へと向かっていくのですが、年齢を重ねると、二十歳の頃と比べて、肌を若々しく保つのに必要な成分の分泌量がかなり落ちます。
それらの成分には保湿機能やバリア機能といった、大切な役目があります。

今までは十分に分泌されていたので、乾燥やダメージから守られていたのに、分泌量が減ってしまうとどうなるでしょうか。
プロテクト機能が不十分となり、肌にダメージを与えてしまいますよね。
ダメージが蓄積されることで、さらに肌の機能が低下し、老化していくのです。
結果、ターンオーバーが乱れてしまい、肌を再生する力が落ちるのです。

-どんなシミができる?
ダメージや老化が原因のシミなので、メラニンが蓄積されてあらわれるタイプが多いです。
膨らみがないことが多く、色は薄い茶色から黒色まで様々で、最初は目立たないのですが、放置しておくと、濃くなったり、大きくなったりするのが特徴です。

-30代からはじめるシミ対策
では、顔のシミができないようにするにはどうすればいいでしょうか。

・食事での改善
→ビタミンなど、顔のシミにいいとされる食べ物をバランスよく取り入れられる食事がおすすめです。
また、カロリーも、若い頃ほど必要なくなってくるので、油っこいものや甘いものを控えて、なるべく、内臓に負担をかけないようにしましょう。
内臓に負担がかかると、新陳代謝に影響がでることがありますよ。

・軽い運動
→運動量が減ることもまたシミの原因です。
適度に運動して、基礎代謝をあげるよう心がけましょう。
社会人になると、中々、運動らしい運動をする機会が減りますよね。
そういうときは、ちょっと遠回りをして歩いて帰る、電車の中でキレイな姿勢で立っている、階段をつま先で上るようにする、など、簡単なことでも、かなり変わってきますよ。

・紫外線対策
→新陳代謝が衰えるので、紫外線は若い頃よりも、さらに気を付ける必要があります。
メラニンをできるだけ生成しないように、UV対策はきちんとしておきましょうね。

・スキンケアでも対策
→洗顔後、何も塗らなくても美肌でいられるのは、10代のうちです。
30代になると、皮膚のバリア機能なども低下しはじめるため、スキンケアアイテムは使用したほうがいいでしょう。
かと言って、過剰にいくつもの高価なものを使う必要はないと思います。
シミに効果的とされる成分を含んだシミケアもできるスキンケアアイテムなんかがおすすめです。

-まとめ
30代になると、肌質も少しずつ変わっていきます。
シミができるリスクも高まるのですね。
顔のシミを作らないためにも、普段から気を付けておきたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ